日鋼記念病院 オフィシャルサイトに戻る

ごあいさつ

カリキュラム委員長より

このページを読んでくれている将来の初期研修医の皆さん、これ以降のページも読んでいただき日鋼記念病院での初期臨床研修の楽しさを想像してくれるとうれしいです。
そして、是非、当院に見学に来て、積極的に診療に参加している初期研修医の姿に接してください。そして、彼らにいろんな質問を浴びせてください。「なぜこの病院を選んだのですか?」、「フレキシブルローテーションってどうやって決めるんですか?」、「本当にスキルが学べるんですか?」、「指導医はどのように教えているのですか?」等々・・・。

我々の日鋼記念病院は北海道の地方都市の中規模総合病院で、指導医の数も決して多くはありません。研修医全員にスキルや知識を教えるレクチャープログラムも十分とはいえませんが、その代わりにマンツーマン指導で診療(研修ではなく)をおこなうことを特徴にしています。体験・見学型研修ではなく、診療の一翼を担ってもらっているといっても過言ではありません。「1診療科に初期研修医は1名のみ配属されるローテート」を採用し、研修医自らが診療科を選択して2年間ローテートします。診療科の研修期間も自分で決めることになります。

私は当院の研修医たちに「今の診療科で何を研修したいのか」、そして「2年後にどんな医師になるのか」をいつも問いかけています。当院の初期研修では「2年間で何ができるようになるか」と言う質問にはお答えできませんが、「2年後に何かをしたい」気持ちには、「何か」でお応えできると思っています。
皆さんは多数の症例が経験でき、スキルを習得し、適切な指導が受けられるレベルの高い研修病院で研修をすれば、すくなくとも2年後には「アタマひとつリード」できる医師になれると思っていませんか? 医師は多数の患者さんの人格に接し、多数の病気に接します。研修をしながら若い皆さんの価値観はめまぐるしく変わっていきます。そして将来の選択も変わっていきます。日鋼記念病院での初期臨床研修は「アタマひとつリードすること」を保証する研修ではありませんが、2年後に飛躍するために頑張る初期研修医を応援する研修をめざしています。皆さんと一緒に診療し、悩み、楽しめる研修環境を提供できるように病院全体で取り組んでいます。一緒に研鑽しましょう。


日鋼記念病院は、
現在「初期臨床研修医」を募集中です!

採用をご希望の方は、
募集要項をお読みいただき、
エントリーしてください。