平成28年度 日鋼記念病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 569 175 166 359 399 519 1221 1645 967 208
 『地域がん診療連携拠点病院』である当院は、北海道の広大な医療圏の一つである西胆振地域の中で地域医療の
中核として質の高い医療を幅広い年齢層の患者さんに提供しています。西胆振地域は北海道の中でも高齢化率が高
い傾向に有り、当院においても60歳以上の患者さんの占める割合が6割を超え、症状が比較的重症になりやすい高齢
者の入院が多くなる傾向にあります。
 また、小児期の患者さんが多くなっている理由は、『地域周産期母子医療センター』の役割として、早産等で小
さく産まれた赤ちゃんや具合の悪い赤ちゃんを集中的に治療していることなどが挙げられます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130XX9702XX 心不全 その他の手術あり 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 2あり 38 54.4 41.5 28.9% 84.7
040081XX97X0XX 誤嚥性肺炎 手術あり 手術・処置等2 なし 28 69.6 41.3 35.7% 85.1
0400801499X002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし A-DROP スコア2 20 35.2 15.3 15.0% 84.3
050130XX99020X 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 副傷病なし 19 20.6 25.0 15.8% 79.8
180010X0XXX3XX 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 3あり 18 40.6 39.7 5.6% 77.4
 内科では心不全治療の患者さんが最も多くなっています。心不全の患者さんの平均年齢は高く、後期高齢者の患
者さんが多くなっていることが分かります。なお、手術(輸血を含む)有無の違いで4位の心不全症例とDPCコ
ード、名称が分かれています。高齢者は心臓そのものの病態に加え、心不全を増悪させる要因も多く、感染症、貧
血、腎不全、甲状腺疾患等の全身要因への治療も行われることから入院日数が長くなっています。
 2位、3位の症例は肺炎治療となります。肺炎の患者さんは高齢になるほど重症になる傾向があり、2週間以上
の入院となることが多いです。肺炎のデータに関しては、『指標4.成人市中肺炎の重症度別患者数等』もご参照
ください。なお、肺炎の種類の違いで2位の誤嚥性肺炎(唾液や胃液が細菌と一緒に肺に到達することで発症)、
3位の細菌性肺炎など、DPCコード、名称が分かれています。誤嚥性肺炎の入院では、日常生活のための基本的
動作が困難で、自宅療養が難しく施設入所を希望される患者さんもおられますので、その調整に期間を要すること
などから入院日数が長くなっています。
 5位の症例は敗血症(細菌、ウイルス、真菌が血液中に入って全身に回り、臓器不全など全身症状をともなう病
気)治療で、重症化し血液浄化療法(血液を取りだして、有害物質を除去した後に身体に戻す方法)を必要とした
症例です。合併症を併発すると予後に大きく影響する可能性がありますので、適切な処置を行うことが重要です。
敗血症につながる感染は主に、肺、腹部、もしくは尿路であることが多い傾向にあります。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010X199X00X 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 151 6.3 6.2 0.7% 0.0
150010XXXXX0XX ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 48 4.0 5.5 0.0% 5.7
030270XXXXXXXX 上気道炎 46 5.0 4.8 0.0% 3.5
140010X299X0XX 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 37 10.9 11.6 0.0% 0.0
0400801199X00X 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 32 5.4 5.8 0.0% 2.8
 小児科では『地域周産期母子医療センター』として、早産等で小さく産まれた赤ちゃんや具合の悪い赤ちゃんを
集中的に治療しているため、新生児の患者さんが最も多くなっています。新生児特定集中治療室(NICU)を備
えており、ハイリスクの妊婦さんを産婦人科と協力して管理し、赤ちゃんに治療が必要となった場合にも、お母さ
んと離れることなく治療ができます。なお、出生時体重の違いで、4位の症例とDPCコード、名称が分かれてい
ます。
 次いで、ウイルス性腸炎、上気道炎(かぜ)、肺炎といった小児消化器疾患、呼吸器疾患の症例が挙げられます。
ウイルス性腸炎は嘔吐や下痢といった症状があり、脱水症が進行しないよう治療を行います。上気道炎は平均年齢
が3.5歳、肺炎は平均年齢が2.8歳であり、小さなお子さんの呼吸器治療の重要性が分かります。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010XX99X40X 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 副傷病なし 57 3.0 4.6 0.0% 63.4
110280XX02X00X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 副傷病なし 29 21.2 8.9 0.0% 67.9
090010XX99X6XX 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 28 2.2 4.6 0.0% 68.5
090010XX01X0XX 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2 なし 24 13.0 11.6 0.0% 62.4
090010XX99X9XX 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 9あり 21 3.1 7.3 0.0% 66.5
 外科で最も多い症例は、乳癌の化学療法(抗癌剤治療)のため計画的に短期入院を行う症例で、3位、5位は化
学療法のお薬の違いでDPCコード、名称が分かれています。また、手術症例は4位となっています。手術は根治
性を損なわないことを原則とした上で、できるかぎり乳房を温存する方針で治療にあたっています。
 2位は、腎臓の機能が低下し働かなくなった腎臓に代わって人工的に血液を浄化する人工透析を行う患者さんに、
血液の「送り出し口」「戻り口」である『シャント』を作る手術症例です。
 その他、肺癌の手術、大腸癌の手術、腹部外傷など治療部位や治療内容ごとに多種多様な症例が存在します。症
例数上位5つの症例を合計しても全症例数の4割強にとどまるのは、そのような理由によります。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800XX01XXXX 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 42 35.3 27.6 21.4% 85.0
160690XX99XX0X 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 38 35.2 20.6 18.4% 79.4
070343XX01X0XX 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2 なし 21 34.8 22.5 0.0% 68.3
070343XX99X01X 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病あり 18 23.6 18.4 0.0% 80.9
070350XX97XXXX 椎間板変性、ヘルニア その他の手術あり 18 18.6 17.1 0.0% 51.1
 整形外科では、大腿骨の骨折を手術する目的で入院される患者さんが最も多くなっています。
 次いで、胸椎、腰椎の圧迫骨折が挙げられます。平均年齢を見ると、大腿骨の骨折、胸椎、腰椎の圧迫骨折共に
高齢の患者さんであることが分かります。高齢の患者さんが転倒などで骨折された場合、在院日数が比較的長くな
ることが多いです。このような患者さんの約20%は当院での治療後、継続リハビリを目的として、リハビリ治療を
より専門とする病院に転院されています。
 3位、4位は、腰部脊柱管狭窄症(腰の脊髄神経を通している背骨のトンネルが狭くなってしまうために神経が
圧迫されて血流が悪くなり、腰痛や足のしびれが出てくる病気)の症例です。3位は、狭くなった脊柱管を広げる
ことで神経への圧迫を取り除く手術治療で、患者さんの平均年齢は68歳です。4位は保存治療として、安静、投薬、
血管注射などで疼痛の緩和をはかります。
 同率で4位の腰椎椎間板ヘルニア(背骨の間にある椎間板が後方へ脱出して神経を圧迫し、腰痛等が生じる病気)
の症例は、保存治療で効果のない場合や、痛みの発作が繰り返す場合、痛みが激烈な場合、下肢の運動麻痺が著明
な場合などには、手術治療が行われます。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230XX97X0XX 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし 42 5.9 3.4 0.0% 75.8
080006XX01X0XX 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 19 14.5 8.8 0.0% 78.1
160200XX0200XX 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 11 5.3 5.8 0.0% 23.3
100100XX97X0XX 糖尿病足病変 手術あり 手術・処置等2 なし - - 26.3 - -
161000X199X0XX 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし - - 12.6 - -
 形成外科で最も多い症例は、眼瞼下垂(上まぶたが下がって眼が開きにくくなり、視野が狭くなったりものが見
づらくなったりする状態)に対してまぶたを上げる手術治療で、局所麻酔にて行います。
 2位は、皮膚癌の手術症例です。進行すると、切除の範囲が大きくなる、切除不可能になる、転移をするなど、
治療が困難になってきます。早期発見し受診をすることで、かなり高い確率で治癒が望めます。
 3位は、顔面損傷に対する手術症例です。一番多いのが鼻骨骨折で、その他には眼窩底骨折(鈍的外力で眼球を
支える薄い骨が骨折すること)があります。
 4位は糖尿病による難治性皮膚潰瘍(皮膚が欠損している状態が治らないこと)に対する植皮などの治療症例で
す。様々な治療を行っても治癒が進まず足の切断などを余儀なくされる場合もあり、特に糖尿病患者さんなど免疫
機能の低下した患者さんにおいては、致死的な感染症や脱水・出血の原因となる危険性がありますので、多くの診
療科と密な連携をとりながら患者さんの最善となるよう治療にあたっています。
 5位は熱傷(やけど)の症例です。熱傷の深さや面積の重症度により入院治療が必要になります。
※厚生労働省の公開条件に従い、10症例未満は【-】で表示しています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050210XX97000X 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1・3あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし - - 11.4 - -
050130XX99000X 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし - - 18.0 - -
050170XX02000X 閉塞性動脈疾患 動脈形成術、吻合術 指(手、足)の動脈等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし - - 17.4 - -
050170XX03000X 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし - - 5.9 - -
050170XX99000X 閉塞性動脈疾患 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし - - 8.3 - -
 心臓血管外科では、房室ブロックや洞不全症候群(脈拍が遅くなるもの)に対して人工ペースメーカーを植え込
むことで正常のリズムに戻す治療が1位です。患者さんの症状に合わせ、より低侵襲な治療を心掛けています。
 次いで、心不全の治療となります。心不全の患者さんの平均年齢は75歳を超え、後期高齢者の患者さんが多くな
っています。
 3位~5位は、下肢閉塞性動脈硬化症(足の動脈が狭くなったり詰まったりして足に十分な血液が流れなくなり
発症する)の症例で、手術有無や手術の種類でDPCコード、名称が分かれています。手術は、バイパス手術(狭
くなった部位を迂回して血管を移植する)からカテーテル治療まで患者さんの症状に合わせて治療を行っています。
※厚生労働省の公開条件に従い、10症例未満は【-】で表示しています。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160X102XXXX 鼠径ヘルニア(15歳未満) 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) - - 2.9 - -
060150XX03XXXX 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 - - 5.6 - -
060170XX02XXXX 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 - - 8.6 - -
140590XX97XXXX 停留精巣 手術あり - - 3.3 - -
150010XXXXX0XX ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし - - 5.5 - -
 小児外科の症例は、鼠径(そけい)ヘルニア(脱腸)、小児の外科的疾患である急性虫垂炎(いわゆる盲腸)、
臍ヘルニア(でべそ)、停留精巣(陰嚢の中に精巣が入っていない状態)の手術治療と急性腸炎(急性虫垂炎の疑
いがあり小児外科で診療)となっています。急性虫垂炎は、虫垂に穴があいて膿(うみ)が溜まらなければ、早期
に退院できます。
※厚生労働省の公開条件に従い、10症例未満は【-】で表示しています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002XXX99X40X 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 副傷病なし 53 3.9 5.1 3.8% 64.2
120170XX99X0XX 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2 なし 44 19.0 20.8 0.0% 30.6
120180XX01XXXX 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 40 9.4 9.9 0.0% 32.1
120070XX02XXXX 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等  33 6.9 6.4 0.0% 41.6
120140XXXXXXXX 流産 32 1.4 2.4 0.0% 33.8
 産婦人科では、子宮頚癌(子宮の入り口にできる癌)や子宮体癌(子宮の奥にできる癌)の化学療法(抗癌剤治
療)のために計画的な短期入院を行う症例が最も多くなっています。
 2位は切迫早産の症例、3位は、そのほとんどが帝王切開術となっております。
 4位は卵巣の良性腫瘍で侵襲の低い腹腔鏡下の部分切除術の手術症例です。
 5位の流産は、妊娠の15%前後が流産に至るとの統計もあり、多くの女性が経験する疾患です。流産には、自然
流産(自然におきる流産)と人工流産(人工妊娠中絶)があり、当院の患者さんは保険診療でDPCの対象となる
自然流産の症例です。流産手術の麻酔は、静脈麻酔を用いますので、痛みもなく、眠っている間に手術が終わりま
す。手術はほとんどが日帰りです。
 産婦人科の手術データに関しては、『指標6.診療科別主要手術別患者数等』<産婦人科>もご参照ください。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020180XX97X1X0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2 1あり 片眼 15 10.1 11.3 0.0% 62.6
020160XX97XXX0 網膜剥離 手術あり 片眼 10 13.1 10.5 0.0% 52.3
020220XX97XXX0 緑内障 手術あり 片眼 10 15.9 9.1 10.0% 65.5
020200XX9711XX 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 1あり - - 9.7 - -
020250XX97XXXX 結膜の障害 手術あり - - 3.4 - -
 眼科の入院はほとんどが手術目的となります。最も多い症例は白内障ですが、DPCの対象から除外されれてい
るため表には現れていません。白内障の手術データに関しては、『指標6.診療科別主要手術別患者数等』<眼科>
もご参照ください。
 次に多い症例が糖尿病網膜症の手術症例です。糖尿病の主たる合併症として発症する病気で、進行すると外科的
手術として硝子体手術(目の中の出血や増殖組織を取り除いたり、剥離した網膜を元に戻したりする)を行います。
 2位は、網膜剥離、緑内障の手術症例です。網膜剥離は、網膜が何らかの原因により眼球壁側から剥離したこと
を指し、放置することで失明の危険性がある重篤な疾患です。緑内障は何らかの原因で視神経が障害され視野が欠
けたり狭くなったりする病気で、手術は眼圧を下げて進行を防止し、失明を予防するために行います。
 4位は、近年増加傾向にある加齢黄斑変性(網膜の中心である黄斑の老化で視力が低下する病気)の手術症例、
5位は、翼状片(白目の表面を覆っている半透明の膜である結膜が、目頭の方から黒目に三角形状に入り込んでく
る病気)の手術症例です。現在、専門医3名体制で眼科的疾患全般にわたって幅広く診療ができるよう努めており
ます。
※厚生労働省の公開条件に従い、10症例未満は【-】で表示しています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240XX99XXXX 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 67 5.1 5.5 0.0% 39.1
030350XXXXXXXX 慢性副鼻腔炎 55 9.9 7.5 0.0% 59.7
030400XX99XXXX 前庭機能障害 手術なし 41 7.0 5.2 2.4% 69.2
030428XXXXXXXX 突発性難聴 32 10.3 9.4 0.0% 61.5
030430XX97XXXX 滲出性中耳炎、耳管炎、耳管閉塞 手術あり 22 2.4 3.3 0.0% 8.4
 耳鼻咽喉科で最も多い症例は急性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍などの急性炎症疾患です。外来治療では不十分な重症患
者さんを入院治療しております。
 2位の症例は、副鼻腔炎(蓄膿症)に対する内視鏡手術症例です。副鼻腔(顔の内部にある空洞)を鼻腔(鼻の
穴)内に広く開放して、副鼻腔の換気をよくすることを目的に手術します。当院ではナビゲーションシステム(術
中の器具の位置を、術前に撮影した精密なCT画像上に表示させるもので、カーナビゲーションで現在の位置がわか
るものと同じシステム)を導入し、より安全、確実な手術治療が可能となっています。
 3位は、めまい症を起こされて救急車で搬送された患者さんが入院して検査、治療を受けるなどといった症例で
す。
 4位は突発性難聴(突然聞こえが悪くなる、大きな耳鳴が起こり持続するなどの症状で発症)で、できるだけ早
期に治療すれば治る可能性のある難聴であり、程度の強い場合は10日間の入院点滴治療と高圧酸素療法(大気圧よ
り高い気圧環境の中で酸素を吸入することで病態の改善を図る治療)を行います。
 5位は、滲出性中耳炎(鼓膜の奥に水が溜まる病気)です。ほとんどは小児であり、日帰り手術の鼓膜チューブ
留置術を行います。耳鼻咽喉科の手術データに関しては、『指標6.診療科別主要手術別患者数等』<耳鼻咽喉科>
もご参照ください。
リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし - - 21.3 - -
0400800499X01X 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病あり - - 21.8 - -
040040XX99000X 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし - - 14.8 - -
010040X099X00X 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし - - 19.4 - -
110310XX97XX0X 腎臓または尿路の感染症 その他の手術あり 副傷病なし - - 25.0 - -
 リハビリテーション科は、リハビリ医療を中心とした療養病床(病状が安定している患者さんに、療養上の管理、
看護、医学的管理下での介護や機能回復訓練などの医療を行う病床)の患者さんを主に診療していますが、指標で
は一般病床で入院となった症例が表に現れています。他科で治療をした後、継続的な全身管理と合わせてリハビリ
が必要になり、リハビリテーション科へ転科して治療した症例ですので、表に現れている症例の患者さんが必ずし
もリハビリテーション科での入院となるわけではなく、他の診療科として扱われることもあります。
※厚生労働省の公開条件に従い、10症例未満は【-】で表示しています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011XX99XXXX 急性膿皮症 手術なし 26 8.2 12.0 0.0% 66.6
080020XXXXXXXX 帯状疱疹 22 12.7 9.0 4.5% 70.6
080100XXXX0XXX 薬疹、中毒疹 手術・処置等1 なし 12 11.8 11.3 0.0% 64.4
080110XXXXX0XX 水疱症 手術・処置等2 なし 11 43.4 30.1 18.2% 84.8
070560XX99X0XX 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2 なし - - 17.8 - -
平成28年度、皮膚科入院で最も多かったのは急性膿皮症群でした。これらはいわゆる皮膚、もしくは皮下組織の急性感染症であり、感染が主に生じている組織的な深さによって名称が異なります。代表的なものとして、真皮浅層の細菌感染症である丹毒、皮下脂肪織の細菌感染である蜂窩織炎(蜂巣炎)が挙げられます。病名は同じでも重症度の幅は広く、外来通院で直る程度のものから入院が必要なもの、場合によっては手術が必要なものもあります。
 第二位の帯状疱疹は、水痘(水疱瘡:みずぼうそう)のウイルスが再活性化することのよって起こる疾患です。頻度の高い疾患で、80歳になるまでに3人に1人の人が一度はかかると言われております。頭部、体幹、四肢のいずれにも発生し、例外を除いては片側性に出現することが特徴です。また一般的には痛みや違和感が先行したのちに数日してから紅斑や水疱が出現します。特に顔面では眼や耳での副作用(角膜炎、難聴、顔面麻痺など)が多く、痛みも遷延しやすいので入院での治療を推奨させていただいております。
 第三位は薬疹です。内服や注射などで体内に投与された薬剤に対して体が広義のアレルギー反応を起こし全身性に皮疹が出現します。一口に薬疹と言っても様々な種類のものがありますが、比較的に稀ながらも重症薬疹と言われる、生命に関わるものも存在します。そのような薬疹を疑った場合、入院していただき、原因薬剤の究明を行うとともに全身的な治療を行わせていただいております。
 第四位は水疱症群です。全身に水疱ができる病気であり、代表的なものとして水疱性類天疱瘡、尋常性天疱瘡、落葉状天疱瘡が挙げられます。中等症以上の患者様は多くの場合治療はステロイド薬の全身投与になります。ステロイド薬の投与量が多い場合、免疫が低下してしまったり血糖値が高くなったりすることから、入院していただくことがあります。
 第五位は全身性の臓器障害を伴う自己免疫性疾患となっております。本来、免疫とは非自己(病原菌、異物など)に対して自己を守るために起きる体内の反応ですが、非自己と自己の区別がつかなくなり自分自身の細胞やタンパク質を攻撃してしまったために起こる病気のことを自己免疫性疾患と呼びます。膠原病や関節リウマチが有名ですが、広い意味では血管炎、甲状腺疾患、血液疾患、糖尿病などの一部にも自己免疫性のものが存在しております。その中でも特に皮膚症状が主症状なものは皮膚科で治療させていただいております。
※厚生労働省の公開条件に従い、10症例未満は【-】で表示しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110420XX97XX0X 水腎症(その他) その他の手術あり 副傷病なし 11 4.3 5.3 0.0% 74.5
11012XXX020X0X 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 副傷病なし 10 6.4 5.8 0.0% 55.4
110070XX02020X 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 副傷病なし - - 7.9 - -
110200XX02XXXX 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 - - 10.0 - -
11022XXX99XXXX 男性生殖器疾患 手術なし - - 8.8 - -
 泌尿器科は、何らかの原因によって尿路に閉塞を来した水腎症(満杯になった尿によって尿路が拡張してしまっ
た状態)が最も多い。尿路外からの尿路圧排が原因の水腎症には内視鏡手術として尿管ステント(管)の挿入や、
背中から腎臓へカテーテル(管)を入れる手術を行います。
 2位は、腎結石や尿管結石に対しTUL(経尿道的尿路結石破砕術)を行う症例で、軟性尿管鏡やレーザー砕石装
置などを使用して治療します。
 3位は、膀胱癌のTUR-Bt(経尿道的切除術)と化学療法(抗癌剤治療)目的の患者さんが挙げられます。組織診
断と治療をかねて内視鏡的切除を行い、切除組織の顕微鏡検査で癌の悪性度、深達度などを正確に評価します。膀
胱内再発予防の目的で抗癌剤膀胱内注入を行います。
 4位は、前立腺肥大症に対しTUR-P(経尿道的前立腺切除術)を行う症例で、尿路から内視鏡を挿入し、前立腺
の組織を電気メスで切除します。当院ではより合併症の少ないバイポーラTUR-Pを採用しています。
 5位は、急性前立腺炎の症例です。前立腺の細菌感染が原因で、重症化すると致死的です。
 当科は平日診療も完全予約外来としており、当日の緊急依頼に対応できない場合があります。
※厚生労働省の公開条件に従い、10症例未満は【-】で表示しています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040XX9910XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 38 2.8 3.7 0.0% 71.4
040040XX99040X 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 副傷病なし 30 28.3 12.4 0.0% 70.7
040040XX9909XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 9あり 19 15.2 10.8 0.0% 73.1
040110XXXXX0XX 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 19 14.4 19.9 0.0% 72.8
040040XX9905XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 5あり 17 19.8 19.2 0.0% 72.0
 呼吸器内科では呼吸器の癌として最も多い、肺癌の患者さんが最も多くなっています。
 1位の症例は、肺癌の確定診断を目的に行う気管支鏡検査(内視鏡で気管や気管支を直接観察する)、針生検
(顕微鏡で観察を行うために針を用いて組織や体液を採取する)といった検査入院です。その結果に基づいて手術
治療、化学療法、放射線治療などを組み合わせた治療計画を立て、肺癌を制御し、症状を軽減して生活の質を高め
ます。
 肺癌の化学療法(抗癌剤治療)のために計画的な入院治療を行う2位、3位、5位の症例は化学療法のお薬の違
いでDPCコード、名称が分かれています。
 同率で3位の症例は間質性肺炎です。肺の奥にある「肺胞」の薄い壁の中に炎症や損傷がおこって壁が厚く硬く
なり(線維化)、ガス交換がうまくできなくなる病気で、治療方法はその病態によって様々です。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050XX99100X 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 26 2.0 3.1 0.0% 67.6
050170XX03000X 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 12 2.0 5.9 0.0% 70.3
050210XX97000X 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1・3あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 11 9.5 11.4 0.0% 79.9
050050XX02000X 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1・2あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし - - 4.7 - -
050070XX9700XX 頻脈性不整脈 その他の手術あり 手術・処置等1 なし、1・3あり 手術・処置等2 なし - - 14.1 - -
 循環器内科の最も多い症例は、狭心症などに対する治療前、治療後の心臓カテーテル検査のための入院が1位で、
心臓カテーテル治療のための入院が4位になっています。治療内容の違いでDPCコード、名称が分かれています。
 2位は、下肢閉塞性動脈硬化症(足の動脈が狭くなったり詰まったりして足に十分な血液が流れなくなり発症す
る)の症例でカテーテル治療を行ったものです。
 3位は、房室ブロックや洞不全症候群(脈拍が遅くなるもの)に対して人工ペースメーカーを植え込むことで正
常のリズムに戻す治療です。患者さんの症状に合わせ、より低侵襲な治療を心掛けています。
 5位は、徐脈性心房細動(脈拍が遅くなる)の患者さんへ人工ペースメーカーを交換した症例です。電池の寿命
は5~10年となっており、定期的なペースメーカーの動作チェックや電池の寿命のチェックが必要です。
 また循環器内科の上位5症例は、平均在院日数が全国の平均日数より短くなっています。
※厚生労働省の公開条件に従い、10症例未満は【-】で表示しています。
糖尿病科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070XX99X100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 副傷病なし 85歳未満 52 13.8 14.6 0.0% 58.1
100071XX99X110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 副傷病あり 85歳未満 19 17.0 16.4 5.3% 72.3
100070XX99X110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 副傷病あり 85歳未満 11 13.9 16.3 0.0% 68.8
100070XX99X000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 85歳未満 11 12.2 11.5 0.0% 59.1
100040XXXXX00X 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2 なし 副傷病なし 10 18.1 13.8 0.0% 58.4
 糖尿病科の症例で最も多いのは、2型糖尿病(遺伝的な素因に肥満などが加わって発症)の教育、血糖コントロール
の改善、合併症検査の入院です。その結果に基づいて、最適な治療法を決定することが目的となっています。また、血糖値の
高い患者さんが外科、眼科など他の診療科で手術をする前に、入院して血糖コントロールを行う場合、その他感染症に伴う高
血糖や低血糖による入院、インスリン導入目的によるもの等があります。1位~4位の違いは、インスリン注射の有無、
合併症の有無の違いでDPCコード、名称が分かれています。
 5位のケトアシドーシス(ケトン体が血中に増え、血液が酸性化した状態。体の様々な働きが低下し、重症にな
ると昏睡に陥ってしまう危険な症状)の治療も行っています。
麻酔科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050210XX99010X 徐脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 副傷病なし - - 7.9 - -
 麻酔科は、手術の際の麻酔管理や特定集中治療室(ICU)管理、外来での痛みの診断と治療を主に行っておりま
すが、指標では入院治療となった症例が表に現れています。
 蘇生に成功した心停止(脈が触れない状態)の症例は、心肺蘇生法が必要な状況であり、早急な治療が必要とさ
れ、患者の今後の回復過程を左右します。
※厚生労働省の公開条件に従い、10症例未満は【-】で表示しています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035XX99X60X 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 副傷病なし 68 3.5 4.5 0.0% 63.7
060035XX99X70X 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 7あり 副傷病なし 33 6.2 4.8 0.0% 66.3
060340XX03X00X 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 副傷病なし 31 18.4 11.1 3.2% 81.4
060060XX99X3XX 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 3あり 25 2.1 8.0 0.0% 45.7
060130XX99000X 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 23 5.5 7.4 4.3% 57.5
 消化器内科の最も多い症例は大腸腺腫や大腸ポリープに対する内視鏡的治療(粘膜切除、ポリペクトミー)とな
ります。大腸内にできた良性腫瘍を約50倍に拡大する最新の拡大内視鏡や特殊光観察による精密内視鏡検査を実施
し、内視鏡で摘出する治療です。粘膜切除はDPCの対象から除外されているため表には現れていません。粘膜切
除、ポリペクトミーの手術データに関しては、『指標6.診療科別主要手術別患者数等』<消化器内科>もご参照く
ださい。
 次に多い症例が、大腸癌の化学療法(抗癌剤治療)のため計画的に短期入院を行う症例となっています。昨今、
ほとんどの治療が外来で施行可能となっておりますが、化学療法の初回導入時やお薬の種類によって入院の対象と
なります。患者さんの生活の質(QOL)をなるべく下げることなく癌の治療を継続することを目標としているため、
短期間の入院となっております。1位、2位は化学療法のお薬の違いでDPCコード、名称が分かれています。
 3位は胆石症の症例で、緊急対応が必要な場合が多く、積極的に内視鏡治療を行っています。
 4位は、胆嚢癌の化学療法(抗癌剤治療)のため計画的に入院する症例となっています。
 5位は、消化管出血、胃腸炎等の急性期疾患の症例です。
 このように、消化器内科ではそ消化器全ての疾患に対して幅広く対応しています。内科・外科との連携を緊密に
行い、緊急度の高い疾患に対しても迅速に対応することをモットーとしています。消化器癌に対しては、内視鏡治
療や外科治療のみならず化学・放射線療法をはじめとした集学的治療を積極的に行っています。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060040XX99X60X 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 副傷病なし 62 4.1 4.4 0.0% 59.1
060035XX99X60X 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 副傷病なし 51 2.8 4.5 0.0% 59.3
060035XX99X50X 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 副傷病なし 32 3.5 4.4 0.0% 68.1
060035XX99X70X 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 7あり 副傷病なし 28 3.0 4.8 0.0% 68.5
060040XX99X50X 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 副傷病なし 22 3.2 4.5 0.0% 73.5
 消化器外科で最も多い症例は大腸癌で、化学療法(抗癌剤治療)のため計画的に短期入院を繰り返すとういもの
が挙げられます。化学療法のお薬の違いでDPCコード、名称が分かれています。
 消化器外科では、食道、胃十二指腸、小腸大腸、肝胆膵領域の癌、胆石などの良性疾患や腹部外傷、虫垂炎、消
化管穿孔や出血に対する緊急手術、手術前および手術後の化学療法、手術後の定期的なフォローなど治療部位や治
療内容ごとに多種多様な症例が存在します。症例数上位3つの症例を合計しても全症例数の3割強にとどまるのは、
そのような理由によります。
 また消化器外科の上位5症例は、平均在院日数が全国の平均在院日数より短くなっています。
緩和ケア科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040XX99000X 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし - - 14.8 - -
110080XX99000X 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし - - 10.9 - -
040040XX9901XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり - - 24.0 - -
12002XXX99X0XX 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし - - 9.3 - -
060020XX99X00X 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし - - 11.2 - -
 緩和ケア科では、癌と診断された患者さんやご家族が、手術や化学療法(抗癌剤治療)をし始めてから可能な限
り快適に過ごすために、生活の質(QOL)を改善することを目指しています。具体的には身体的、社会的、心理的
スピリチュアルな問題を適切に評価し対応することで、様々な痛みを包括的に軽減させます。癌と診断された時か
ら、外来で、ご自宅で、入院中など様々なシーンで緩和ケアを提供していますが、指標では一般病床で入院診療と
なった症例が表に現れています。いずれも癌による症状のコントロールを目的に入院した症例です。肺癌は症状を
コントロールするための処置の違いでDPCコード、名称が分かれています。また、在宅医療を進めるための準備
として、一時的に入院する患者さん、ご家族の基地としての役割も努めています。
※厚生労働省の公開条件に従い、10症例未満は【-】で表示しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 28 17 11 30 - 32 1 7
大腸癌 14 65 127 181 - 88 1 6,7
乳癌 32 70 10 58 - 44 1 7
肺癌 25 12 28 52 26 26 1 6,7
肝癌 - - - - - 31 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌(胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌)の患者さんの人数を初発は(StageⅠ)から(StageⅣ)
のUICC病期分類別と再発の患者さんの人数で集計しています。

UICC病期分類について
国際対がん連合(UICC)によって定められた①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移
状況、③遠隔転移の有無の3つの要素によって各癌をⅠ期(早期)~Ⅳ期(末期)の4病期(ステージ)
に分類するものです。

当院では、消化器内科・外科にて胃癌、大腸癌、肝癌の患者さんを、呼吸器内科・外科にて肺癌の患者さんを、
外科にて乳癌の患者さんを診療しています。
大腸癌・肺癌についてはステージⅢ期~Ⅳ期の患者さんの割合が高く手術や化学療法など患者さんの状態に
合わせた幅広い治療を実施しています。
ステージⅢ期~Ⅳ期の患者さんの割合が多くなっていますが、これは1人の患者さんが抗がん剤治療などで
複数回入院された場合もそれぞれ1例として集計しているためで、実際の患者数はそれほど多くはありません。
(平成28年度に退院した患者さんの延べ数にて集計)
胃癌や乳癌については、ステージⅠ期~Ⅱ期の割合が高くなっています。
これは、胃カメラの検診による早期発見で内視鏡検査を実施し、患者さんへ身体の負担が比較的少ない
治療を行っていること、乳癌に関しては、乳癌検診(マンモグラフィー検査)や乳腺に対する生検といった、
診断を確定させるための検査を積極的に行っており、早期発見・早期治療が実践されています。

UICC病期分類が不明の症例については、治療前の検査入院に該当する患者さんが多く、
当院では早期退院を推奨しているため、退院後に検査結果報告がされる場合もあります。
また、当院では緩和ケア病棟を設置しており、他院より紹介いただいた患者さんのステージが不明なことも一因となります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 23 12.2 52.9
中等症 77 25.9 77.4
重症 14 31.2 83.4
超重症 - - -
不明 - - -
 成人(15歳以上)の肺炎患者さんについて重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計したものです。
(市中肺炎とは普段の生活の中で罹患した肺炎を言います)肺炎は罹患率が高い上、死亡率も高く、国民の死亡原
因の上位に位置する疾患です。当院においては重症度が「軽症」の患者さんの平均年齢が52.9歳であるのに比べて、
「中等症」~「重症」では平均年齢が後期高齢者の年齢層になっています。市中肺炎は年齢が上がるごとに重症化
し、全体の件数に占める割合をみても8割となっており、高齢者肺炎が増加していることがわかります。特に慢性
呼吸器疾患をお持ちの患者さんは繰り返し肺炎に罹患される方もいらっしゃいます。高齢で合併症を有する肺炎は
重症化の危険性も高く、適切な抗菌薬の使用や酸素投与などの支持療法が大切となります。重症例では人工呼吸管
理、栄養管理を含む全身管理を実施し、救命率の向上に努めております。
※厚生労働省の公開条件に従い、10症例未満は【-】で表示しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 - - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
 脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計しましたが、当院には脳神経外科の常勤医師
が不在のため対象症例がほとんどありません。他の疾患で入院している際に、脳疾患の併発があった場合は、他院
の脳神経外科と連携して対応しております。
 なお、ICD10とは、世界保健機関(WHO)が作成した「疾病及び関連保健問題の国際統計分類」です。公表
された分類で、死因や疾病の統計、診療記録の管理などに活用されます。疾病の種類をアルファベットと数字によ
って表しています。
※厚生労働省の公開条件に従い、10症例未満は【-】で表示しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。)  20 39.0 118.4 65.0% 80.6
K386 気管切開術 - - - - -
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置 頭頸部その他に設置した場合 - - - - -
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 - - - - -
 内科の集計で挙げられた手術の情報では、入院日数(=術前日数+手術日+術後日数)が非常に長期になっている
ことが特徴です。これは対象となった手術が予定手術ではないことを示しています。つまり、手術目的で入院され
たわけではなく、内科疾患で入院が長期になった患者さんが経過中に必要に迫られ、受けた手術が指標に挙げられ
ています。
 例えば胃瘻造設術は、お口から十分に栄養がとれない患者さんのために、内視鏡を用いて胃に栄養を送るための
小さな穴を作り、その穴にチューブを入れる手術です。そのチューブを通して栄養を摂取します。このような患者
さんの65%は当院での治療後、転院して継続治療やリハビリをされています。また、気管切開術は、慢性呼吸器疾
患や嚥下機能障害のある患者さんが長期人工呼吸器管理を受ける際に施行されることがあります。
 胃瘻造設術は消化器内科、消化器外科、気管切開術は耳鼻咽喉科、ペースメーカー移植術は循環器内科、中心静
脈注射用植込型カテーテル設置は外科、骨折観血的手術は整形外科、というように他の診療科の協力を得て、手術
を行っています。
※厚生労働省の公開条件に従い、10症例未満は【-】で表示しています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K300 鼓膜切開術 - - - - -
K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの - - - - -
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの - - - - -
K7151 腸重積症整復術 非観血的なもの - - - - -
 小児科の入院患者さんで手術として取り扱う中では中耳炎に対する鼓膜切開術が多くなっています。中耳炎の治
療が目的で入院する患者さんもいれば、肺炎などの呼吸器症状に中耳炎を合併して発熱する患者さんもいます。小
児科に入院中に耳鼻咽喉科の診察を受け、必要があると判断されれば鼓膜切開術を受けていただいています。
 次いで、仮死状態で出生した新生児に対する蘇生術(2度=重度仮死、1度=軽度仮死)や、腸重積症(腸の一
部が重なり合ってしまう病気)に対する高圧浣腸(患者より高い所から浣腸液をチューブを使って行う浣腸)を用
いた非観血的整復術などがあります。
※厚生労働省の公開条件に従い、10症例未満は【-】で表示しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 161 0.7 2.5 0.6% 69.4
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 26 1.8 10.2 0.0% 63.8
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 24 3.3 31.9 4.2% 66.6
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 19 1.9 3.1 5.3% 69.0
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置 頭頸部その他に設置した場合 18 0.0 3.2 0.0% 59.8
 外科では人工透析(腎臓の機能を代行する治療法)患者さんのかかりつけ医としての役割を果たすため、経皮的
シャント拡張術・血栓除去術(血液の「送り出し口」「戻り口」である『シャント』が狭くなった部分へバルーン
を膨らませて拡張するカテーテル治療)や3位の内シャント設置術などの透析アクセス関連手術を積極的に行うよ
うにしています。特に、高齢化により良好な透析アクセスが得られない症例が多く、これらの手術が重要な意味を
持っています。
 2位の乳癌の手術症例は、根治性を損なわないことを原則とした上で、できるかぎり乳房を温存する方針で治療
にあたっています。 
 4位の手術は、鼠径(そけい)ヘルニア(脱腸)手術です。メッシュを用いた根治性の高い手術や、手術の傷が
目立たないような腹腔鏡下手術も行っています。
 5位の手術は、癌に対する化学療法(抗癌剤治療)の薬液を注入するために、皮膚の下に『ポート』を埋め込み
する手術です。注射による化学療法は、長期にわたると血管に治療針を刺すのが次第に困難となり、苦痛を伴うの
が課題とされてきました。この問題に対して考案されたのがポートです。ポートの作成により、1回で確実に容易
に針を刺すことができ、外見上も埋め込んだ部分は目立たず、通常生活には支障ありません。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 38 1.7 52.1 10.5% 80.3
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 27 2.3 35.9 0.0% 69.5
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方椎体固定 26 4.7 28.6 0.0% 68.9
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 18 1.7 47.6 38.9% 84.3
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術 前腕、下腿 15 0.8 2.4 0.0% 47.1
 整形外科の1位は上腕や大腿の骨折に対する骨接合手術です。特に大腿骨の骨折手術では、高齢者が多くなって
います。これは、骨粗鬆症によって骨の強度が低下し、転倒などの比較的軽微な外力で骨折を起こしてしまうため
です。自宅退院を目標に長期のリハビリテーションが必要な場合には、転院してリハビリをされるケースもありま
す。
 2位は変形性股関節症、変形性膝関節症が高度の場合に行う人工関節置換術が多く、手術により痛みの軽減をは
かります。
 3位は、脊椎や関節などの加齢性変化に伴う変性疾患(腰部脊柱管狭窄症、変形性関節症)に対する手術が多く、
中でも腰部脊柱管狭窄症に対する後方椎体固定術(腰部を皮膚切開し、顕微鏡を見ながら、神経の入っている管を
広げ、椎体と呼ばれる背骨を固定する方法)を行い症状の改善をはかります。
 4位は、大腿の骨折に対する人工骨頭挿入術です。手術は、折れている骨(骨頭)を取りのぞいて人工物ででき
た骨頭に置きかえます。骨折の型、患者さんの年齢や全身の状態を考えて、1位の骨接合術か人工骨頭挿入術かを
選びます。
 5位の手術は、抜釘のための骨内異物除去術です。骨折の固定に用いた金属(プレート、ネジ、鋼線など)を取
り除く手術です。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術 眼瞼挙筋前転法 27 0.0 4.9 0.0% 74.7
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 18 1.8 15.6 0.0% 76.7
K2193 眼瞼下垂症手術 その他のもの 14 0.0 4.7 0.0% 77.9
K333 鼻骨骨折整復固定術 10 1.2 3.0 0.0% 23.5
K013-21 全層植皮術 25cm2未満 - - - - -
 形成外科は、主に身体表面に生じた組織の異常や変形、欠損などの疾患に対し、さまざまな手法や特殊な技術を
駆使し、機能や形態を正常な状態に近づけ、患者さんの生活の質(QOL)の向上に貢献する外科系の専門領域で
す。特に眼瞼下垂(上まぶたが下がって眼が開きにくくなり、視野が狭くなったりものが見づらくなったりする状
態)の手術が多く、下垂の程度を考えて術式を選択しますので、術式の違いによりKコード、名称が1位、3位に
分かれています。手術後は、まぶたの圧迫や安静が必要なため、基本的には5日~1週間程度の入院が必要になりま
す。
 2位の手術は、皮膚癌の切除です。皮膚癌には多くの種類があり、代表的な皮膚癌と前癌状態である基底細胞癌、
有棘細胞癌、悪性黒色腫(メラノーマ)やボーエン病、パジェット病、メルケル細胞癌に対して手術した症例とな
っています。多くは日光にあたる顔面や四肢に発生しますが、高齢者に比較的多いので、高齢化社会を迎える今後、
皮膚癌の発生増加が予想されます。皮膚に気になる病変ができた場合は、早期に受診することをお勧めします。
 4位の手術は、鼻骨骨折の整復固定術です。鉗子という器械で骨を外から挟んで元の位置に戻し、鼻の中にガー
ゼをパックし、鼻の外側からギプスを当てます。折れた骨を放っておくと、そのままの形で癒合してしまいます。
見た目が悪いだけでなく、鼻の通りも悪くなってしまいます。通常一週間から二週間で癒合していきますので、な
るべく早めに折れた骨を元の位置に戻す必要があります。
 5位は、全層植皮術です。植皮とは、皮膚移植のことで、身体の他部位から皮膚を採取して、皮膚が欠損してい
る部位に移植します。移植する皮膚の厚さにより全層植皮(表皮と真皮を含み厚い)と分層植皮(表皮と真皮の一
部を含み薄い)に分かれます。外傷による皮膚欠損、手術により組織を切除しそのまま縫縮(欠損を縫い縮める)
できない場合など、皮膚が欠損したあらゆる部位に植皮は広く用いられます。
※厚生労働省の公開条件に従い、10症例未満は【-】で表示しています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 - - - - -
K5551 弁置換術 1弁のもの - - - - -
K6146 血管移植術、バイパス移植術 膝窩動脈 - - - - -
K5607 大動脈瘤切除術(吻合・移植)腹部大動脈(その他のもの) - - - - -
K6082 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの) - - - - -
 心臓血管外科の手術件数1位は、完全房室ブロックや洞不全症候群(脈拍が遅くなるもの)に対してペースメー
カー移植術を行った症例です。
 2位は、弁置換術で、傷んだ心臓の弁を人工の弁へ取り換える手術と下肢閉塞性動脈硬化症(足の動脈が狭くな
ったり詰まったりして足に十分な血液が流れなくなり発症する)に対するバイパス手術(狭くなった部位を迂回し
て血管を移植する)です。放っておくと足がしびれる、冷たい、痛いなどの症状が現れます。さらに進行すると腐
ってきて切断になることもありますので、早期診断、治療が非常に大切になります。
 4位は、腹部大動脈瘤(大動脈が正常の太さの1.5倍以上に瘤(コブ)上に膨らんだもの)に対して行った大動
脈瘤切除術と動脈が血栓(血の塊)で詰まった症例の血栓摘出術です。
※厚生労働省の公開条件に従い、10症例未満は【-】で表示しています。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)  - - - - -
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの - - - - -
K6333 ヘルニア手術 臍ヘルニア - - - - -
K836 停留精巣固定術 - - - - -
 小児外科は、子どもの病気の中で手術や難しい処置が必要なものを幅広く診察し治療しています。比較的よくみ
られる鼠径(そけい)ヘルニア(脱腸)のような病気から、臍ヘルニア(でべそ)、停留精巣(陰嚢の中に精巣が
入っていない状態)など小児外科の一般的な手術だけでなく、急性虫垂炎(いわゆる盲腸)などの救急疾患に対し
ても手術を行っています。また手術の傷が目立たないように腹腔鏡下手術にも取り組んでいます。
 最も多い手術は、腹腔鏡下の鼠径ヘルニア手術で、麻酔科、手術室との協力体制によりほとんどの患者さんが日
帰り手術を行っています。次いで、腹腔鏡下の虫垂切除術、臍ヘルニアの修復手術、停留精巣固定術(精巣を陰嚢
内に固定する)が続きます。
※厚生労働省の公開条件に従い、10症例未満は【-】で表示しています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 44 12.3 7.0 0.0% 32.8
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 43 1.6 4.1 0.0% 41.0
K8981 帝王切開術 緊急帝王切開 30 12.0 7.3 0.0% 31.8
K9091 流産手術 妊娠11週までの場合 30 0.2 0.1 0.0% 33.3
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 29 1.6 5.7 0.0% 54.0
 産婦人科は、西胆振地域の『地域周産期母子医療センター』としての役割を有しています。その様な状況から、
帝王切開術(選択ならびに緊急)が1位、3位にランクインしています。さまざまな合併症を伴ったリスクの高い
帝王切開による分娩も他科と連携し、適切な管理を行います。また、新生児特定集中治療室(NICU)も備えており、
他院からのハイリスク妊娠の紹介例についても、小児科をはじめ他科の協力のもと母児の管理を行っています。
 2位は、卵巣の良性腫瘍で侵襲の低い腹腔鏡下の部分切除術の手術症例です。
 同率3位は、流産手術(流産の処置)です。流産には、自然流産(自然におきる流産)と人工流産(人工妊娠中
絶)があり、当院で手術される患者さんは保険診療の対象となる自然流産の症例です。
 5位は、腹腔鏡下子宮全摘術です。子宮筋腫(子宮の筋肉にできる良性腫瘍)や子宮内膜症(子宮内膜が子宮外にでき、
増殖、出血を繰り返す)などに対し行います。腹腔鏡で行うことで、侵襲を低く、また短い入院期間で治療可能です。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 464 0.0 2.3 0.0% 74.1
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 41 1.5 10.4 0.0% 62.1
K2683 緑内障手術 濾過手術 10 0.3 14.6 10.0% 65.5
K224 翼状片手術(弁の移植を要するもの) - - - - -
K275 網膜復位術 - - - - -
 眼科では、白内障に対する手術である水晶体再建術(濁った水晶体を取り除いて、眼内レンズに置き換える手術)
が集計対象手術件数の8割以上を占めます。
 次いで挙げられるのが、硝子体茎顕微鏡離断術(目の中に細い手術器具を入れ、目の中から網膜剥離を治療する)
です。増殖糖尿病網膜症(高血糖の持続によって網膜の細い血管が障害されることにより起こり、進行すると網膜
の虚血を補うため、網膜に新しい血管が発生し、硝子体へと伸びていきます)や網膜剥離(網膜が何らかの原因に
より眼球壁側から剥離したこと)、黄斑円孔(眼底の中心にある黄斑部の網膜に孔(あな)があく病気)などの網膜
硝子体疾患に対する手術です。患者さんの状態によっては、上記の白内障手術と硝子体手術を同時に行うこともあ
ります。
 3位は、緑内障手術です。緑内障は何らかの原因で視神経が障害され視野が欠けたり狭くなったりする病気で、
手術は眼圧を下げて進行を防止し、失明を予防するために行います。
 4位は、翼状片(白目の表面を覆っている半透明の膜である結膜が、目頭の方から黒目に三角形状に入り込んで
くる病気)手術です。初期症状はありませんが、病気が進行してくると視力が下がるため、早期発見が大切です。
 5位は、網膜剥離(網膜がはがれること)の手術です。はがれた網膜を元の位置に戻します。
※厚生労働省の公開条件に従い、10症例未満は【-】で表示しています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 50 1.8 7.0 0.0% 59.8
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 24 0.4 0.6 0.0% 6.0
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 20 1.7 7.3 0.0% 18.3
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置 頭頸部その他に設置した場合 10 10.2 87.4 10.0% 68.2
K4632 甲状腺悪性腫瘍手術 全摘及び亜全摘 - - - - -
 耳鼻咽喉科は、副鼻腔炎(蓄膿症)に対する内視鏡下手術が多くなっています。副鼻腔(顔の内部にある空洞)
を鼻腔(鼻の穴)内に広く開放して、副鼻腔の換気をよくすることを目的に手術します。当院ではナビゲーション
システム(術中の器具の位置を、術前に撮影した精密なCT画像上に表示させるもので、カーナビゲーションで現在
の位置がわかるものと同じシステム)を導入し、より安全、確実な手術治療が可能となっています。
 2位は、小児で急性中耳炎を繰り返す場合や滲出性中耳炎(鼓膜の奥に水が溜まる病気)の場合に行う日帰り手
術で、鼓膜チューブ留置術(鼓膜を小さく切って穴を開け、中耳に溜まった水を排出し、切開した場所がふさがら
ないように小さなチューブを入れる)です。小さなお子さんの場合は手術中に動いてしまうため、通常は入院の上、
全身麻酔で手術します。
 3位は、慢性扁桃炎に対する口蓋扁桃を摘出する手術です。手術実施患者の入院時平均年齢65歳と比べると、平
均年齢が18.3歳と若年層となっています。
 4位は、癌に対する化学療法(抗癌剤治療)の薬液を注入するために、皮膚の下に『ポート』を埋め込みする手
術です。頭頚部癌(顔面から頚部まで癌)の治療をしている患者さんが経過中に必要で受けた手術が指標に挙げら
れているので、入院日数(=術前日数+手術日+術後日数)が非常に長期になっており、予定手術ではなく、手術目
的で入院されたわけではないことを示しています。
 5位は、甲状腺(のどぼとけのすぐ下にある小さな臓器)癌の悪性腫瘍手術です。癌病巣を手術で取り除きます。
※厚生労働省の公開条件に従い、10症例未満は【-】で表示しています。
リハビリテーション科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
K282-2 後発白内障手術 - - - - -
 リハビリテーション科は、リハビリ医療を中心とした療養病床(病状が安定している患者さんに、療養上の管理、
看護、医学的管理下での介護や機能回復訓練などの医療を行う病床)の患者さんを主に診療していますが、指標で
は手術症例が表に現れています。他科で治療をした後、継続的な全身管理と合わせてリハビリが必要になりリハビ
リテーション科へ転科して治療した症例や、療養病床入院中に必要に迫られ受けた手術ですので、表に現れている
症例の患者さんが必ずしもリハビリテーション科での手術となるわけではなく、他の診療科として扱われることも
あります。
※厚生労働省の公開条件に従い、10症例未満は【-】で表示しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 12 2.7 5.7 0.0% 57.2
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
K8411 経尿道的前立腺手術 電解質溶液利用のもの - - - - -
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 - - - - -
 泌尿器科で最も多い手術は、尿路結石に対して行うTUL(経尿道的尿路結石除去術)です。尿道から細径の内視鏡
を挿入し、直接レーザーで尿路結石を砕く手術となっており、より低侵襲で最先端の治療法です。
 2位の膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)は筋層非浸調性(表在性)の膀胱癌に対する手術です。尿道から内視鏡を
膀胱へ挿入し、電気メスにて膀胱癌を切除し、腫瘍の組織型、悪性度、膀胱壁への深達度なども評価します。
 同率2位(経尿道的尿管ステント留置術)と5位(腎瘻造設術)は、何らかの原因によって尿路に閉塞を来した
水腎症(満杯になった尿によって尿路が拡張してしまった状態)に対する内視鏡手術として、尿管ステント(管)の挿入や、
背中から腎臓へカテーテル(管)を入れる手術です。
 4位は、前立腺肥大症に対してTUR-P(経尿道的前立腺切除術)を行う症例で、尿路から内視鏡を挿入し、前立腺
の組織を電気メスで切除します。2位の経尿道的手術と同様に電解質溶液を用いた、より安全性の高い術式を道内で最初に
採用しています。
※厚生労働省の公開条件に従い、10症例未満は【-】で表示しています。
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置 頭頸部その他に設置した場合 - - - - -
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等) その他のもの - - - - -
K6112 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置 四肢に設置した場合 - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置 頭頸部その他に設置した場合 - - - - -
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
 呼吸器内科は内科的な治療が主であるため、手術件数は少なくなります。但し、癌に対する化学療法(抗癌剤治
療)の薬液を注入するために皮膚の下に『ポート』を埋め込みする手術が、1位、3位になっています。設置場所
の違いで、Kコード、名称が分かれています。また、お口から十分に栄養がとれない患者さんのために、濃度の高
い点滴(高カロリーの点滴)を投与する目的で『ポート』を埋め込みする場合は、中心静脈注射用植込型カテーテ
ル設置となり、Kコード、名称が変わります。
 2位の血管塞栓術は、喀血(咳とともに血液を喀出すること)に対して気管支動脈塞栓術(栓で血管にフタをす
る)を行った症例です。
 また、経皮的シャント拡張術・血栓除去術(血液の「送り出し口」「戻り口」である『シャント』が狭くなった
部分へバルーンを膨らませて拡張するカテーテル治療)は、手術目的で入院されたわけではなく、呼吸器疾患で入
院が長期になった患者さんが経過中に必要に迫られ、受けた手術が指標に挙げられているということです。
※厚生労働省の公開条件に従い、10症例未満は【-】で表示しています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 15 0.0 1.0 0.0% 72.1
K597-2 ペースメーカー交換術 11 0.0 7.0 0.0% 79.3
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの - - - - -
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 - - - - -
K597-4 植込型心電図記録計摘出術 - - - - -
 循環器内科ではカテーテル治療が多く、症例数1位は、下肢閉塞性動脈硬化症(足の動脈が狭くなったり詰まっ
たりして足に十分な血液が流れなくなり発症する)の症例にカテーテル治療を行ったものです。
 2位は、徐脈性心房細動(脈拍が遅くなる)の患者さんへ人工ペースメーカーを交換した症例です。電池の寿命
は5~10年となっており、定期的なペースメーカーの動作チェックや電池の寿命のチェックが必要です。
 3位は、狭心症などに対する心臓カテーテル治療です。
 4位は、房室ブロックや洞不全症候群(脈拍が遅くなるもの)に対して人工ペースメーカーを植え込むことで正
常のリズムに戻す治療です。患者さんの症状に合わせ、より低侵襲な治療を心掛けています。
 同率4位は、房室ブロック(脈拍が遅くなるもの)と失神を伴う患者さんに対して植込んだ心臓モニタを摘出す
る手術です。植込み型心臓モニタは、いつ起こるか分からない失神が起きた際の心電図を調べることができます。
※厚生労働省の公開条件に従い、10症例未満は【-】で表示しています。
糖尿病科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置 頭頸部その他に設置した場合 - - - - -
K607-3 上腕動脈表在化法 - - - - -
K2762 網膜光凝固術 その他特殊なもの(一連につき) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
 指標に挙がっている手術はそれぞれ、内シャント設置術、上腕動脈表在化法、中心静脈用植込型カテーテル設置
は外科、網膜光凝固術は眼科、内視鏡的消化管止血術は消化器内科で行われる手術です。
 内シャント設置術は、糖尿病の合併症により腎臓の機能が低下し働かなくなった腎臓に代わって人工的に血液を
浄化する人工透析を行う患者さんに、血液の「送り出し口」「戻り口」である『シャント』を作成する手術です。
また、心臓の機能が悪い患者さんはシャント手術ができない場合もありますので、上腕動脈表在化法(二の腕の深
いところにある動脈を皮膚のすぐ下に持ち上げる手術)を行います。その他、増殖糖尿病網膜症(高血糖の持続に
よって網膜の細い血管が障害されることにより起こり、進行すると網膜の虚血を補うため、網膜に新しい血管が発
生し、硝子体へと伸びていきます)に対する網膜光凝固術(レーザー光で病的な網膜を凝固させることにより病気
の進行を抑える)、下血に対する止血術となっています。つまり、糖尿病疾患で入院になった患者さんが経過中に
必要に迫られ受けた手術や、他の診療科からの転科により集計上糖尿病科に入院した患者さんに対して行われた手
術だからです。手術件数が少ないのも『糖尿病科』の入院として集計した手術だからであり、病院全体でこれらの
手術件数はもっと多くなっています。
 ある病気に対して、病院内の複数の診療科が連携して治療を行っていることが示されていると言えます。
※厚生労働省の公開条件に従い、10症例未満は【-】で表示しています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2cm未満 179 0.5 1.2 0.6% 67.1
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置 頭頸部その他に設置した場合 28 8.5 30.6 3.6% 71.7
K6851 内視鏡的胆道結石除去術 胆道砕石術を伴うもの 18 3.4 9.0 5.6% 79.1
K654 内視鏡的消化管止血術 18 3.1 12.4 0.0% 69.1
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 16 25.7 55.8 0.0% 79.2
 消化器内科では、大腸腺腫や大腸ポリープに対する内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術の症例数が最も多くなっ
ています。粘膜切除術、ポリペクトミー目的の1泊2日入院が典型的な症例です。また、この手術は腫瘍の大きさ
の違いによって分類されていて、類似手術の症例数を合計すると191件となり、消化器内科で最も多く施行されてい
る手術となります。
 2位は、癌に対する化学療法(抗癌剤治療)の薬液を注入するために皮膚の下に『ポート』を埋め込みする手術
です。
 3位は、胆石症と消化管出血に対する内視鏡治療です。胆石症は、胆管の十二指腸への出口である十二指腸乳頭
から処置具を挿入して使用することにより、胆管結石を砕いたり、採ったり、また掻き出したりすることが可能で
す。消化管出血は、吐血(血を吐く)もしくは下血(黒色もしくは赤色便)が症状として現れます。出血が多い場
合は血圧が下がってショック状態になったり、命に関わることもありますので緊急の治療が必要です。
 5位は、胆道ステント留置術です。胆管に狭窄がある場合、プラスティックや金属のステント(管)を内視鏡で
胆管内に埋め込む治療が行われています。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 40 9.9 6.4 5.0% 65.0
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置 頭頸部その他に設置した場合 13 3.5 16.8 0.0% 71.4
K7193 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術 13 10.3 26.8 15.4% 74.3
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 13 6.1 23.2 7.7% 69.8
K6572 胃全摘術 悪性腫瘍手術 11 14.2 46.2 9.1% 73.5
 消化器外科では胆のう炎や胆石症などの胆のう疾患に対する摘出術が最も多い手術となっています。急性胆のう
炎を起こされた患者さんは、内科的な治療後に消化器外科で手術を行う場合や、状態によってはすぐに手術を行う
場合もあります。
 2位は癌に対する化学療法(抗癌剤治療)の薬液を注入するために、皮膚の下に『ポート』を埋め込みする手術
です。
 同率2位の結腸切除術は大腸癌の手術で、とり残しのないように癌の広がっている可能性のある腸管とリンパ節
を切除します。手術方法の違い(開腹、腹腔鏡)でKコード、名称が分かれています。腹腔鏡下手術は創が小さく
手術後の痛みも少ないため回復が早いです。そのため、早期の退院が可能なこともあり平均術後日数が開腹手術よ
り短い傾向にあります。腹腔鏡下手術で行えるかどうかは、癌の進行状況や体格、以前に行った手術や治療中の病
気などで異なりますので、主治医と十分相談の上で決定する必要があります。
 5位は、胃全摘術(胃を全部摘出する)です。最近では、早期の段階で発見されることが多くなり、内視鏡と特
殊な電気メスを使って粘膜切除を行ったり、腹腔鏡下手術を行うことが多くなりましたが、胃癌の場所が悪かった
り、進行した胃癌ではやむなく胃全摘術を行わざるを得ないことがあります。
緩和ケア科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置 頭頸部その他に設置した場合 - - - - -
K662 胃腸吻合術(ブラウン吻合を含む。) - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
 緩和ケア科では癌の緩和治療が主であるため、手術件数は少なくなります。指標に挙げられている中心静脈注射
用植込型カテーテル設置は、お口から十分に栄養がとれない患者さんへ濃度の高い点滴(高カロリーの点滴)を投
与するために、皮膚の下に『ポート』を埋め込みする手術です。また、胃癌のため胃の出口が塞がれ、食物が腸に
流れていかない状態のため、胃の壁と小腸に穴をあけて双方をつなぎ、食物が小腸に流れる経路を作成する胃腸吻
合術や、お口から十分に栄養がとれなくなったため、内視鏡を用いて胃に栄養を送るための小さな穴を作り、その
穴にチューブを入れる胃瘻造設術を行った症例が指標に挙げられています。
※厚生労働省の公開条件に従い、10症例未満は【-】で表示しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 20 0.3%
異なる 16 0.3%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 17 0.3%
異なる - -
 医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして定義される感染
症および合併症の発症率を示したものです。
 医療資源を最も投入した病名と入院のきっかけとなった病名が同一かそれ以外で件数を集計しています。
 『同一』ということは、ある病気の診療目的で入院して、その病気の治療を行ったということを表します。一方
『異なる』ということは、ある病気の診療目的で入院したが、併発していた、もしくは入院中に発症した違う病気
(この指標の場合は、敗血症、手術・処置などの合併症)による治療が主だったものになってしまったことを表し
ます。当然、発症率が低いほうが良いのですが、免疫力が低下しているときに合併して発症することが多いため、
コントロール困難な症例と言えます。

 入院のきっかけとなった病名が『異なる』として挙げられたのは、呼吸器疾患、筋骨格系疾患、腎・尿路系疾患
などでした。感染症などで入院後も全身状態が悪化して血液に病原菌が入り敗血症(全身性炎症反応)といった重
症な病態になってしまった症例です。
 手術・処置等の合併症では、治療過程で使用した薬によるアナフィラキシーショック(短い時間のうちに全身ア
レルギー症状がでる反応で、血圧低下、意識障害などが起こり命に危険がある状態)の症例、手術後の出血に対す
る治療症例などです。

 当院ではDPCを播種性血管内凝固、敗血症とする際は、臨床的に根拠のある診断を基に投入された医療資源を
勘案して、入院医療費請求を行うよう努めています。

※厚生労働省の公開条件に従い、10症例未満は【-】で表示しています。
更新履歴
2017.09.29
平成28年度日鋼記念病院指標公開