認知症ケアチーム

高齢の方が突然の病気やケガで入院された際、大きな環境の変化、治療による緊張や苦痛によって認知症の症状がない方でも、精神的な混乱や不安を表すことがあります。そのような患者さんやご家族に寄り添い、支援するチームが認知症ケアチームです。

安全・適切な療養を目指し、多くの専門職で構成

高齢の患者さんが入院した際に生じる精神的な混乱や不安に対するケアを行い、安全かつ適切に療養していただくために、多職種で構成しています。
各職種の専門性を活かし、患者さんの状態、入院経過の状況のチェックのほか、患者さんやご家族からお話しを伺い、質の高い療養ができるよう病棟スタッフと連携して対応しています。

住み慣れた自宅を離れての入院・治療はどなたにとっても不安や身体的な苦痛を感じることと思います。
そんな中で、気持ちが混乱したり不安定になることを軽減できるようチームで支えます。
ご不明な点や不安なことは、お近くの病棟ナースにご相談ください。

認知症ケアチーム リーダー 吉田有希


図:認知症ケアチームの構成

写真:認知症ケアの様子

写真:認知症ケアチームのミーティング