日鋼記念病院

文字のサイズ

部門紹介

トップページ > 部門紹介 > リハビリテーションセンター

リハビリテーションセンター

部門のご案内

筋力低下や歩行障害、高次脳機能障害、構音障害、嚥下障害などの様々な不自由に対して理学療法士、作業療法士、言語聴覚士がリハビリテーションを行っています。当院の特徴は、整形疾患に加え小児やがんの方に対するリハビリテーションと在宅支援に力を入れていることで、住み慣れた地域で生き生きとした生活が送れるように、各部門との連携を大切にしてチームで活動しています。

業務内容

理学療法

一般的に訓練室で「座る・立つ・歩く」などを中心に行っている様に感じられると思いますが、集中治療室で人工呼吸器を使用している方や、痛みや疲労感が強く運動などできないと思える方に対しても、血圧、脈拍、呼吸状態などの管理を行いながら、できることをいち早く取り入れるようにしています。
また、在宅復帰に向けた取り組みとして、必要に応じて退院前に自宅訪問を行い、各部門と協力しながら、手すりの設置や段差の解消などのお手伝いもしています。

作業療法

着替えやトイレなどの日常的な生活行為、家事、仕事、余暇、地域活動などの社会生活を「作業」と呼んでいます。
病気やけがの直後から将来の生活を見越し、病気に合わせ自分で食べる、トイレが使えるようになる、服や靴の着脱、調理や掃除などの家事、買い物や散歩などの外に出る、趣味やレジャーを楽しむ方法を一緒に考え、練習し人それぞれの生活方法の習得を図ります。
住み慣れた場所でその人なりの生活を送れるよう、生きがいを持ち豊かな生活が実現できるよう援助しています。

言語療法

嚥下障害、失語症、構音障害、吃音などの方に対して関わっています。
近年、嚥下障害の方の割合が多くなり、安全に楽しく食事を摂って頂けるように、飲み込みの訓練や、併せてご本人にあった食事の形態や姿勢などを提案しています。コミュニケーション手段の獲得に対しても小児から高齢者まで実際のライフスタイルに合わせた場面を想定した内容を取り入れた訓練を行い、不自由感の解消に努めています。

当院の特徴
①小児リハビリテーション

新生児から対応しています。「寝返る・座る・立つ・歩く」などの発達に応じた関わりや、パソコンを用いたコミュニケーション手段の獲得、自宅内で使用する椅子やバギーの作成など、お子さん一人一人の特徴に合わせたリハビリを行っています。
また、子供たちの能力を最大限に引き出し、本人だけでなくご家族の生活にも役立つリハビリを心かげています。
安心した空間で楽しくリハビリが出来るように、小児リハ専用の部屋で行っています。

②がんのリハビリテーション

がん患者さんはがんの進行や治療過程で心身の様々な機能障害(筋力の低下や体力の低下、痛みやしびれ、むくみ、手足の麻痺、飲み込み・発声の障害など)を生じ、日常生活に制限が起こることも少なくありません。 これら機能障害に対して、治療状況に合わせて生活能力の向上、仕事や余暇などへの復帰を目指したリハビリテーションを行うほか、必要に応じて外泊や一時退院に向けたご家族への指導、環境整備も行っています。 また、患者さんの経過や状態に合わせて呼吸苦・疼痛・浮腫の緩和や拘縮・褥瘡の予防を行います。

③在宅支援

在宅支援センター、病棟、医療福祉相談室のスタッフと連携しながら、安心して在宅生活を送れるよう、福祉用具の選定や住宅改修のアドバイス、介助方法などを指導します。
また、退院に向けご自宅に訪問し、住環境の確認もおこなっています。


  • がんのリハビリテーション


  • 作業療法


  • 小児リハビリテーション

有資格者

理学療法士
15名
作業療法士
9名
言語聴覚士
3名
認定作業療法士
1名
がんのリハビリテーションセミナー修了者
12名
介護支援専門員
2名
Copyright © 2014 日鋼記念病院 All Rights reserved.