日鋼記念病院

文字のサイズ

部門紹介

トップページ > 部門紹介  > 放射線部門

放射線部門

身体と心にやさしい安全な診断と治療へ

身体の中の状態を調べるための『画像診断』と、がん治療の3大治療のひとつ『放射線治療』を行う部門です。
日々進化する医療とテクノロジーを活用する者として、専門的な知識や技術の習得を心がけ、安心で安全な医療を実蹟し、地域医療に貢献しています。

画像診断

放射線治療

放射線治療を一歩前へ~2017年7月24日新リニアック 稼働

Varian社 True Beam

●当院従来比4倍の高出力で患者さんにやさしい

これまでの装置に比べて高出力の照射が可能となり、治療時の照射時間を少なくする事ができるようになります。
身体を動かしてはいけない時間が短縮することで、患者さんの負担軽減につながります。

●よりピンポイントに、より正確に

がんの場所が脊髄や肺、消化管などの重要な臓器のすぐそばにあって放射線を照射する範囲の設定が難しいときや、 周辺組織への影響を配慮して十分な線量を照射できない症例の場合も、ピンポイントでより正確な照射が可能が可能になりました。

●呼吸によって影響のある場所のがんも正確な治療が可能に

放射線が出力される時間は正味2分~3分程度。
だからと言って、治療の間、呼吸を止めっぱなしにはできません。肺など呼吸によって治療箇所がずれてしまっても 呼吸の動きに合わせた正確な治療を実現します。

●高精度な治療を短時間に、正確に/IMRT(強度変調放射線治療)

がんの形は単一ではありません。
腫瘍の形にあわせて、線量を集中させて正常な組織への線量を少なくする治療が可能になります。 コンピューターと治療チームの知識と技術を最大限活かした複雑な治療です
この治療は複雑な調整を必要とするため、2018年中のスタート予定です。胆振地方で唯一の実施施設となります。

●癒やし~道内初・バーチャルスカイライト導入

木目調の落ち着いたしつらえ、天井に本物の空のような照明を設置し、治療中の不安やストレスを少しでも軽減し、快適さとリラックスを提供します。

●高い技術と知識で安全な治療を実現するスタッフ

最新の高度な治療装置を安全に、適切に運用できてこそ、安心の治療が実現します。
当該地域唯一の医学物理士、がん放射線治療法看護認定看護師を中心に、専門的な知識と技術を持ったスタッフで構成し最善の治療を提供できるように努めます。


・放射線治療専門医師 1名
・医学物理士 1名
・放射線治療品質管理士 2名
・放射線治療専門
 放射線技師
 
 2名
・がん放射線治療法
 看護認定看護師
 
 1名
Copyright © 2014 日鋼記念病院 All Rights reserved.