ICU(集中治療部)

ICUはIntensive Care Unitの略で、救急外来を受診した重症患者さん、病棟で急変された患者さんの他、手術後の厳密な周術期管理を要する患者さんの集中的なケアを行う部門です。
院内の各専門診療科と連携しながら診療をおこなうほか、集中ケア認定看護師による専門的な看護ケア、早期離床リハビリテーション等、患者さんの回復を支援しています。

患者さんのプライバシーに配慮した完全個室で24時間体制で集中的な治療・看護を提供しています。
入室される多くの患者さんは、緊急に治療を必要としている状態のため、手術室と直通のエレベーターを設置、透析を行う腎センターを隣室に配置するなど、患者さんの病態に応じた速やかな対応を行うことが可能です。また医師・集中ケア認定看護師を中心に、臨床工学士・放射線技師との連携を密にし、チーム医療を主軸とした治療・看護を心掛けています。



早期離床リハビリテーション


集中治療室で状態の悪い時期から早期にリハビリテーションを始めることで、「せん妄」を防いだり、身体機能の回復に効果があると言われています。

集中治療室のリハビリの多くは、看護師とリハビリ療法士の共同で行われます。
特に人工呼吸器を装着している患者さんは、リハビリ中に管が抜けてしまわないよう協力して注意しながら行います。