トップページ臨床研修医募集 》歯科臨床研修 募集

臨床研修医募集

歯科臨床研修 募集

1.研修プログラムの名称 日鋼記念病院歯科臨床研修プログラム
2.研修プログラムの特色 本プログラムの特色は、総合臨床能力を高めるための多様な研修
(一般歯科、歯科口腔外科、小児歯科など)を行なう点である。
3.臨床研修の目標 歯科臨床医に必要な基本的臨床能力や態度を培い、
歯科医療に対処し得る第一線の臨床医を育成することを目的とする。
具体的には、厚生労働省が作成した「歯科医師臨床研修の到達目標」を
達成することを目標とする。
4.プログラム責任者の氏名 榊原 典幸 (歯科口腔外科主任科長)
5.臨床研修を行なう分野
および研修期間
研修期間1年を3期に分け、前述の厚生労働省が作成した
「歯科医師臨床研修の到達目標」について段階を踏んで研修する。
研修期間は原則1年とする。
6.研修歯科医の指導体制 院長、歯科診療科長、歯科衛生士、事務長、外部の有識者などによる
歯科臨床研修委員会を設け、歯科医師臨床研修体制の整備・運営にあたる。
歯科医師臨床研修委員会の構成
  氏名 役職名
委員長 柳谷 晶仁 院長
委員 多田 和央 多田歯科医院 院長
室蘭市歯科医師会 会長
益子 博幸 副院長/診療第2部(外科系)部長
榊原 典幸 歯科口腔外科主任科長
水野 貴行 歯科口腔外科科長
山田 由偉 歯科衛生士 主任
山田 康弘 事務長
7.歯科研修の募集定員、ならびに募集および採用の方法
募集定員
2名 

試験日
第1回 平成30年8月14日(火)
第2回 平成30年8月21日(火)
第3回 平成30年8月28日(火)
いずれも17:00より
※上記日程以外も受け付けております。詳細はお問い合わせください。
試験内容
面接試験
※筆記用具、印鑑を持参してください。
提出書類
応募者は以下の書類を試験日の1週間前までに提出願います。
・履歴書(当法人指定様式)
・成績証明書 
・Personal Statement(当法人指定様式)
※日鋼記念病院の歯科臨床研修に応募する理由を自由な形式で書いてください。
※提出書類については以下の項目よりA4サイズでプリントし、使用してください。
   ファイル形式はPDF形式となっています。

      1.願書・Personal Statement

      2.履歴書



下記の書類をダウンロードし、必要事項・写真を添付してメールにて応募することも可能です。

      1.Personal Statement (当法人指定様式 / Word)

      2.履歴書 (当法人指定様式 / Excel)

 

       PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
                  Adobe Readerは、下記バナーのリンクサイトからダウンロードできます。

 

◎ お問い合わせ先

〒051-8501 北海道室蘭市新富町1-5-13
社会医療法人 母恋 日鋼記念病院
人事課 近藤・山田
TEL.0143-24-1616
FAX.0143-22-5296
e-mail:rk@nikko-kinen.or.jp


8.研修医の処遇
  1.常勤または非常勤の別

   常勤


  2.研修手当及び休暇に関する事項

   基本手当は月額(税込み)で30万円。賞与はない。

   有給休暇は1年次11日取ることができる。


  3.研修歯科医のための宿舎および病院内の室の有無

   職員用宿舎を利用することが出来る。

   病院内に歯科研修医のための個室はないが、研修医が共同で使用する研修医室がある。


  4.社会保険・労働保険(公的医療保険、公的年金保険、労働者災害補償保険、雇用保険)に関する事項

   組合健康保険、厚生年金保険、労働者災害補償保険、雇用保険に加入。


  5.健康管理に関する事項

   年1回、職員健康診断が実施される。


  6.歯科医師賠償責任保険に関する事項

   病院側が歯科医師賠償責任保険加入の手続きを行なう。


9.研修スケジュールと到達目標
  第1期(1カ月)

  患者を全人的に診療する能力を身につけるために、「国民から望まれる歯科医師像」、

  「臨床研修の意義」を学び、厚生労働省の定める一般目標を1、2、3期を通して修得する。


  第2期(8カ月)

  a.外来では、口腔領域における基礎知識と診療技術とを修得する。

  b.病棟では入院患者を受け持ち、経験を積む。

  c.この間に厚生労働省の定める、具体的目標1.2.を修得する。


  第3期(3カ月)

  a.第2期において研修した中で不足している部分の修得に努める。

  b.個々の症例をより深く理解するよう努める。また、学会などでの症例報告にも努める。

  c.もし余裕があれば、厚生労働省の定める、具体的目標3の修得にも努める。


ページトップへ戻る