トップページ臨床研修医募集 》研修医募集トップページ

臨床研修医募集

 

研修医募集トップページ

 

 

医療人として、社会に貢献するプロフェッショナルを育成します。 知識と技術がバランス良く培われた基礎力と、人間力を共に学ぶカリキュラムです。 医師として、人として必要な実践と経験を優秀なスタッフと充実の設備の中で習得していただきます。


平成16年に必修化された臨床研修医制度ですが、社会医療法人 母恋での臨床研修の歴史は古く平成9年5月から定員8名でスタートしました。全国の大学から当院に集まった初期臨床研修生はこれまでで67名を輩出しており、現在各地で活躍しています。
「医療」は絶えず進化を続け、新しい知識や技術が刻々と誕生しています。また医療を取り巻く環境そのものもめまぐるしく変化のスピードを上げています。
「現場の先頭で常にベストを尽くす」医師であるためには知識を吸収する貪欲さ、自分を鍛錬し続ける粘り強さが必要です。それは言葉で表現する以上に険しい道程です。険しくはありましたが私達は先輩や恩師などの先人達からその精神や技術を学んでき

ました。次は、皆さんにお伝えをする番です。  研修に当たり当院の指導医たちは一切の妥協も、惜しみもしないでしょう。私たちの持つ全てを皆さんにお伝えする。この10年にわたる研修の精神は変わることはありません。  
しかし、精神は変わらずとも「充実した研修」を継続するためによはり良い環境が必要です。当院では近年以下の点において整備を行っています。今後もハード、ソフト面共に様々な変化を経ながら、「医療人として社会に貢献する」医師の成長を育む病院でありたいと願っています。 
多くを感じ、学び、「医療人」として共に力を発揮していただける皆様を心よりお待ちしています。

 

 


title.png

日鋼記念病院カリキュラム委員会 委員長 横山和典
 
Dr.Yokoyama.JPG このページを読んでくれている将来の初期研修医の皆さん、これ以降のページも読んでいただき日鋼記念病院での初期臨床研修の楽しさを想像してくれるとうれしいです。
そして、是非、当院に見学に来て、積極的に診療に参加している初期研修医の姿に接してください。そして、彼らにいろんな質問を浴びせてください。「なぜこの病院を選んだのですか?」、「フレキシブルローテーションってどうやって決めるんですか?」、「本当にスキルが学べるんですか?」、「指導医はどのように教えているのですか?」等々・・・。
我々の日鋼記念病院は北海道の地方都市の中規模総合病院で、指導医の数も決して多くはありません。研修医全員にスキルや知識を教えるレクチャープログラムも十分とはいえませんが、その代わりにマンツーマン指導で診療(研修ではなく)をおこなうことを特徴にしています。体験・見学型研修ではなく、診療の一翼を担ってもらっているといっても過言ではありません。「1診療科に初期研修医は1名のみ配属されるローテート」を採用し、研修医自らが診療科を選択して2年間ローテートします。診療科の研修期間も自分で決めることになります。
私は当院の研修医たちに「今の診療科で何を研修したいのか」、そして「2年後にどんな医師になるのか」をいつも問いかけています。当院の初期研修では「2年間で何ができるようになるか」と言う質問にはお答えできませんが、「2年後に何かをしたい」気持ちには、「何か」でお応えできると思っています。
皆さんは多数の症例が経験でき、スキルを習得し、適切な指導が受けられるレベルの高い研修病院で研修をすれば、すくなくとも2年後には「アタマひとつリード」できる医師になれると思っていませんか? 医師は多数の患者さんの人格に接し、多数の病気に接します。研修をしながら若い皆さんの価値観はめまぐるしく変わっていきます。そして将来の選択も変わっていきます。日鋼記念病院での初期臨床研修は「アタマひとつリードすること」を保証する研修ではありませんが、2年後に飛躍するために頑張る初期研修医を応援する研修をめざしています。皆さんと一緒に診療し、悩み、楽しめる研修環境を提供できるように病院全体で取り組んでいます。一緒に研鑽しましょう。
 
 
 
★ 初期臨床研修医と人事課が室蘭ライフを熱く!ゆるく綴ります。
resi.png  
 
 

研修医トピックス

---------------------
2015.2.7 初期臨床研修医 箕輪先生が

033.JPG

第273回日本内科学会 北海道地方会において
最優秀若手奨励賞(初期研修医の部)を受賞しました。

演題
「EPOCH療法を施工した
芽球性形質細胞様樹状細胞性腫瘍の1例」

 

---------------------
2011.9.10 初期臨床研修医 加藤先生が
第109回日本消化器病学会北海道支部例会で
研修医奨励賞を受賞しました

演題
「繰り返す腸閉塞で診断された成人腸回転異常症の1例」                

---------------------

2011.9.11 初期臨床研修医 檜森先生が
第103回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会にて
研修医優秀演題賞を受賞しました。

演題
「急性胆管炎と閉塞性黄疸で発症し、内視鏡的減黄術後に
治療をおこなった胆管内腫瘍栓合併肝細胞癌の2症例」
---------------------
2013.4.12 初期臨床研修医 加藤先生が
第103回日本外科学会定期学術集会で
研修医の発表セッション 優秀演題賞を受賞しました。

演題
「腸間膜静脈腫瘍栓を伴う大腸癌の治療方針」
---------------------
2013.8.31 初期臨床研修医 渡部先生が
第113回日本消化器病学会北海道支部例会で
研修医奨励賞を受賞しました。

演題
「腹水の出現を契機に診断された特発性胆嚢穿孔の1症例」

---------------------