日鋼記念病院

文字のサイズ

診療科

トップページ > 診療科目 > リハビリテーション科

リハビリテーション科

診療紹介

早期離床、早期ADL(日常生活動作)獲得、早期退院を目標とし、発症直後よりベッドサイドにて、早期離床のため座位練習(ギャッジアップから、端座位・車椅子座位へ)、基本動作練習、呼吸リハビリや病棟ベッドサイドでのADL練習などを積極的に実施し、リハビリ室でのアプローチ、さらに外来リハビリおよび地域リハビリへとつなげています。近隣地域への在宅復帰が多く、退院後は外来リハビリにて、家庭復帰後の生活動作の向上や復職、QOL(生活の質)獲得などを目標とした回復期や維持期リハビリを行っています。訪問看護ステーションや老人保健施設母恋でのリハビリにも努め、介護や福祉とリハビリとの連携を図ります。また、がんリハビリテーションや小児リハビリテーションにも力を入れております。

治療及び対応

理学療法士/PT 14名

身体機能評価をはじめ、身体機能に対するアプローチ(関節可動域運動、筋力増強運動、麻痺した手足の運動機能回復、バランス練習など)、起き上がり・座る・立つといった基本動作練習、歩行練習、日常生活動作練習などを行っています。また、家庭復帰への準備として家族指導や杖・装具などの指導も行っています。

作業療法士/OT 11名

主に上肢や手指の運動機能回復、着替え・トイレといったような日常生活動作(ADL)練習、家事・職業など生活関連動作(APDL)練習、認知・注意・記憶力などの低下といった高次脳機能障害に対するアプローチを行っています。
また、手の装具の製作や自助具(残された機能だけではどうしても行えない日常生活の動作を可能にするための道具)の紹介・製作、家屋改造の相談なども行っています。

言語聴覚士/ST 4名

失語症(言いたいことばが出て来ない、聞いたり読んだりしたことの意味がわからない等)、構音障害(発音の問題、なめらかに話せない等)、摂食・嚥下障害(食物をうまく飲み込めない、むせる等)、高次脳機能障害(記憶力の低下、判断力の低下等)を対象に言語聴覚療法を行っています。

外来診療表

一般受付時間月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日
午前予約制-髙橋--髙橋

医師紹介

  • 髙橋 邦彦 センター長
    髙橋 邦彦 センター長
    平成10年 旭川医科大学卒
    日本リハビリテーション医学会
    認定臨床医・専門医・指導医
    日本慢性期医療協会在宅医療認定医
    義肢装具等適合判定医
    北海道大学病院リハビリテーション科客員臨床医師
Copyright © 2014 日鋼記念病院 All Rights reserved.