地域がん診療連携拠点病院

①地域がん診療連携拠点病院とは

全国どこでも質の高いがん医療が提供できるよう、体制の確立を目指して厚生労働大臣より指定されるものです。
当院は2007年12月に指定を受け、西胆振地域の拠点として手術療法・放射線療法・化学療法を軸とした標準治療に準拠するとともに早期からの緩和ケアの実施、患者相談支援機能の充実など質の高いがん治療の実践に努めています。地域の医療機関と連携・協力し当該地域のがん診療の質の向上に向けて貢献してまいる所存です。

②地域がん診療連携拠点病院の主な役割

  • 専門的ながん医療の提供
  • 地域のがん診療連携の協力体制の構築
  • がん患者に対する相談支援及び情報提供
  • 地域のがん診療に携わる医療従事者に、必要な研修を行う
  • PDCAサイクルにより自施設の課題に対して組織的な改善策を講じる

など

③キャンサーボード

毎週月曜日、日鋼記念病院の医療技術・知識・設備を総動員して、患者さん一人ひとりのより良い治療を目指し内科・外科をはじめとする各診療科の医師・コメディカルスタッフが議論を行います。


キャンサーボードの様子

④地域へのがん情報発信・研修会・講座


地域の皆様に向けて、がんに対する正しい知識の普及、情報提供を目指して講座を開催しています。
また、地域医療関係者を対象にした研修会・講習会を開催し、連携とともに地域のがん診療の質向上を目指しています。

市民の皆様を対象にした講座

医療者を対象にした研修・講演会


ファイルを開く

がん診療連携研修会


ファイルを開く

地域がん治療学術講演会


下のボタンをクリックしていただくと、詳細データをダウンロードすることができます。


ファイルを開く

緩和ケア研修修了医について

⑤集学的治療件数

下のボタンをクリックしていただくと、詳細データをダウンロードすることができます。


ファイルを開く

集学的治療件数

⑥院内がん登録について

院内がん登録とは、「がん対策基本法」にもとづき、全ての患者さんのがんにかかる情報を病院全体で集め、国立がんセンター等に報告する制度です。
国で定めた登録様式に則り、国立がん研究センターで研修を受けた診療情報管理士が登録を行っています。
収集された情報は各診療科への提供、国立がん研究センターでの全国集計、北海道地域がん登録などへ提供することにより、当院や国・北海道でのがん診療の実態の把握・がん診療の質の向上、がん患者様への支援などに役立てることができます。

国立がん研究センターのホームページには集計結果が公表されています。


国立がん研究センターがん対策情報センター がん診療連携拠点病院等院内がん登録全国集計

がん登録の情報については、その必要性から個人情報保護法の適応除外の事例に該当するとされており、患者さんからの撤回・変更等の申し出がない限り、同意をいただかず登録・利用させていただきますのでご了承ください。

なお、登録データに関わる個人情報の取扱いについては、日鋼記念病院 個人情報保護規程および個人情報保護方針に基づき、情報漏えいのないよう最大限の注意を払っております。

院内がん登録についてご質問・ご意見等がございましたら、診療情報管理課にお申し出下さい。
皆様のご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。