CT

Philips社製Brilliance CT64


GE社 Revolution EVO(64列)


CTとは、Computed Tomography (コンピュータ断層撮影法)の略語です。 CT装置は人体にX線を照射し、患者様の体の周りを回転してデータを収集しコンピュータで断層画像に再構成・表示します。 また、最近は断面像だけではなく3次元の立体画像を構成することが可能になりました。
平成29年5月に更新したCTはノイズが少なくなりました。 さらに、体内金属の画像の鮮明化や、回転速度が速まることで、負担の少ない撮影を行います。


所要時間
検査室入室後 10分〜30分

CT検査中の注意事項について


検査時間は検査室へ入られてから概ね10~30分です。
次のような方は検査を受けられないことがあります。必ずスタッフに申し出てください。
•妊娠している方、または妊娠をしている可能性のある方


造影剤について


より正確な診断をするために造影剤を使うことがあります。
造影剤を用いることによって病変も明瞭に描出され、より正確な診断が可能となります。
CT検査で使用される造影剤は、「ヨード造影剤」と呼ばれるもので、通常、腕の静脈から注入して撮影を行います。気管支ぜんそくなど、一部の持病をお持ちの方は、造影検査を受けられない場合があります。心配な方は医師にご相談ください。

冠動脈CT


VR表示


MIP表示


造影術を用いて撮影することにより、心臓を栄養している動脈(冠動脈)の狭窄や閉塞によって起こる、狭心症や心筋梗塞の診断に有用です。


大動脈CT


VR表示



造影剤を用いて撮影することにより、血管の石灰化、大動脈瘤、解離性大動脈瘤、血管の閉塞、狭窄の検出に優れています。


整形領域CT


足関節(矢状断)MPR表示

細かくデータを収集することにより、いろいろな断面で再構成することができます。
レントゲン撮影では見えにくい、細かな骨折の診断に有用です。


手関節(3D)VR表示

CT画像のデータから骨だけのデータだけを3次元表示しています。骨折や変形の全体像の把握に適しています。


大腸CT



肛門より炭酸ガスを注入し、腸を膨らませ撮影する事によって、大腸の情報を得る事ができます。腫瘍やポリープの同定、大腸内視鏡ができない患者様などに用いられています。ただし、腸内をきれいにする前処置が必要となります。術前には造影剤を併用し、大腸、血管、腫瘍の画像をFusion(重ね合わせ)する事によって、術前シミュレーションしています。

委託検査

当院では委託検査も行っております。詳しくはこちらからご覧ください。


委託検査について