日鋼記念病院

文字のサイズ

がんの治療

トップページ > 当院について > 日鋼記念病院のがん治療 > がんとつき合う

がんとつきあう~どう、生きるか。

「がん」は集中的な治療が終えてからも定期的な通院が長期間にわたり継続することが多くあります。
当院では、ご自分やご家族の痛みやつらさ、不安などを軽減し自分らしく「がん」の療養期間を生きていただくためのさまざまなサポートを行っています。
痛みや不快な症状との付き合い方、療養する場所など、患者さん・ご家族が必要とするサポートを地域の医療機関と連携しながら提供します。
まずは、がん相談支援センターにお声掛けください。
皆様のご希望に合った、その人らしい生活を過ごすための方法を一緒に考えます。

  • >>在宅ケアセンター

    在宅療養中の方や入院中で退院後に在宅療養される方、そのご家族の方でいろいろな心配事などお困りのことについて、看護師が相談を承っております。

  • >>訪問看護ステーション母恋

    住み慣れた地域やご家庭で、安心して生活ができるように看護師等が訪問し、療養生活を支援します。

地域医療機関との連携~地域連携クリニカルパス

地域連携クリニカルパスとは

地域の医療機関と地域がん診療連携拠点病院が連携して、外来治療や経過観察を行うために、あらかじめ数年先までの診療方法を定めた計画書、地域連携クリニカルパスを作成しました。これにより、患者さんはいつでも、どこでも、どなたでも、同じ医療を受けることができます。

下のボタンをクリックしていただくと、詳細データをダウンロードすることができます。

パスの流れ

パスの対象者

胃がん・乳がん・大腸がん・肺がん・肝臓がんを治療中の方。

がんと診断されてから最初の入院治療後、状態が安定している方。

主治医が、地域連携クリニカルパス適用可能と判断した方。

連携病院と地域がん診療連携拠点病院を結ぶ

  • 患者さん用の手帳「私のカルテ」
  • (例)胃がん 術後の地域連携クリニカルパス

パスに関するお問い合わせ

パスに関するお問合せ、または、パスを用いた地域におけるがん診療にご協力いただける医療機関様におかれましては、地域医療室までご連絡をお願いいたします。

  • TEL.0143-25-2555

  • 日鋼記念病院 地域医療連携センター

Copyright © 2014 日鋼記念病院 All Rights reserved.