宗教的輸血拒否患者に対する当院の基本姿勢

宗教上の理由による輸血拒否に対する当院の方針

  • 当院は宗教上等の理由で輸血を拒否することは、信教の自由に基づく権利であることを理解し尊重いたしますが、患者さんの救命を最優先と考えております。
  • 輸血を拒否する方に対しては、可能な限り努力をし、無輸血で治療を行いますが、輸血をしなければ救命が困難となった場合には輸血を行うという、『相対的無輸血』の方針に基づいた治療を行います。
  • 当院では「いかなる場合でも輸血を行わない」という「絶対的無輸血」には同意いたしません。
  • そのため、患者さんが持参される『絶対的無輸血』治療に同意を求める文書には署名をいたしません。
  • 患者さんが相対的無輸血に同意されない場合は、治療方針の変更または転院をおすすめいたします。
  • 救急搬送された患者さんや入院中に急変した患者さんに対しても、救命を最優先と考えております。この場合は患者さんや家族の意思にかかわらず、輸血を行わなければ救命できないと医師が判断したときは、輸血を行います。