日鋼記念病院の概要

病院沿革

1911年 私立楽生病院として開設
日本製鋼所職工共済会病院と改称
1913年 日本製鋼所病院と改称
1979年 近代化計画実施(ICU、CCU等)
1981年 CT導入
1984年 西棟竣工
日鋼記念病院総床数363床
1987年 南棟一期工事竣工
日鋼記念病総床数536床
MRI・リニアック導入
1991年 病院リニューアル完成(西棟、南棟)
1996年 臨床研修病院指定
1997年 (財)日本医療機能評価機構病院機能評価認定(全国第1号)
歯科臨床研修病院指定
健康情報ライブラリー(患者図書館)開設  (2008年「患者図書室 ぼこい」に改称)
災害拠点病院指定
ヘリポート・備蓄倉庫完成
1998年 PET 導入(北海道第1号)
1999年 緩和ケア病床開設(22床)
臓器提供病院指定
ファミリーハウス開設(患者家族宿泊施設)
PET健診開始
地域医療研修センター開設
2000年 PET検査高度先進医療承認
常用自家発電装置完成
2001年 地域周産期母子医療センター指定
緩和ケア病棟開設(22床)
日鋼記念病院総床数 544床
2002年 受水槽完成(災害拠点病院整備事業完了)
2003年 電子カルテ稼動
2004年 DPC適用開始
2005年 救命救急センター開設 (2007年 返上)
PET-CT導入
2006年 臨床研修医宿舎完成
消化器センター開設 
化学療法センター開設
糖尿病センター開設
日鋼記念病院総床数 485床
2007年 地域がん診療連携拠点病院指定
日鋼記念病院総床数 479床
2008年 第13代院長 柳谷晶仁 就任
2009年 院外処方開始
2010年 社会医療法人化により法人名称変更 『社会医療法人 母恋』
2011年 病院創立 100年
2013年 手術棟竣工


ページトップへ戻る