日鋼記念病院の概要

 

一般事業主行動計画

次世代育成支援対策促進法に基づく社会医療法人母恋一般事業主行動計画


about_m1_title1.gif

次の世代を担う子どもたちが健やかに生まれ育つ環境をつくるためには、国、地方公共団体、企業、国民が一体となって対策を進めていかなければなりません。そこで、「次世代育成支援対策促進法」(以下「次世代法」)が平成15年7月に成立し、平成17年4月に施行されました。


about_m1_title2.gif

次世代法に基づき、企業が従業員の仕事と子育ての両立を図るための雇用環境の整備や、子育てをしていない従業員を含めた多様な労働条件の整備などに取り組むために策定する計画です。


about_m1_title3.gif

社会医療法人母恋は長時間労働を抑制し、職員の健康を保持するとともに、職員が仕事と生活を共存させながら、持っている能力を最大限に発揮させ、体制を築くことで、優秀な人材の確保と定着、職員のモラールの向上をはかるための一般事業主行動計画を策定しました。




about_m1_p13_text1.gif

平成23年4月1日~平成26年3月31日までの3年間


about_m1_p13_text2.gif
目標1
 
平成26年3月31日までに、職員の時間外勤務時間を1人当たり月平均7時間未満とする
【目標を達成するための対策と実施時期】
● 平成23年4月 ~ 超過勤務報告書をもとに部署毎の時間外勤務の実態を分析する
● 平成24年3月 ~ 分析結果をもとに時間外勤務抑制策を図る
● 平成24年4月 ~ 時間外勤務抑制策の考課検証を継続して行う
目標2
 
育児短時間勤務制度(小学校3年生年度末の子と同居し養育する者)の活用を促進する。
【目標を達成するための対策と実施時期】
● 平成23年4月 ~ 育児短時間勤務制度の周知方法の検討を行う。
● 平成23年10月 ~ 検討結果をもとに職員への周知を図る。
目標3
 
育児休業期間中の代替要員の確保や業務内容、業務体制の見直しを行い、育児休業の取得や職場復帰のしやすい環境の整備を実施する。
【目標を達成するための対策と実施時期】
● 平成23年4月 ~ 代替要員の配置及び業務体制の見直しの検討
● 平成24年4月 ~ 新体制の実施